有川 太郎

Taro Arikawa

教授 Professor

中央大学 理工学部 都市環境学科 教授
(国)港湾空港技術研究所 津波研究チーム 客員研究官
専門: 海岸工学   
担当講義:環境解析、海岸水理学、海岸港湾学

 

​​経歴

1993年 4月 東京大学 理科類 卒業
1993年 4月 工学部 土木工学課 進学
1995年 4月 東京大学大学院工学系研究課社会基盤工学専攻入学
1997年 4月 同博士課程 進学
2000年 3月 博士(工学)取得
2000年 4月 運輸省港湾技術研究所 入省
2001年 1月 国土交通省港湾技術研究所(組織変更)
2001年 4月 独立行政法人港湾空港技術研究所 海洋・水工部 耐波研究 研究官
2003年10月 海洋・水工部 主任研究官
2003年10月 横浜国立大学 非常勤講師 併任
2007年 7月 横浜国立大学 非常勤客員准教授 併任
2011年 4月 海洋研究領域 上席研究官
2014年 4月 海洋情報・津波研究領域 上席研究官 
2015年 4月 中央大学理工学部都市環境学科 教授(現職)
2015年 4月 (国)港湾空港技術研究所 津波研究チーム 客員研究官

​主な受賞歴

2020年​ 公益社団法人日本地震工学会 功労賞 (詳細

​​研究実績・論文など

  1. Takenori Shimozono, Yoshimitsu Tajima, Kenzou Kumagai, Taro Arikawa, Yukinobu Oda, Yoshinori Shigihara, Nobuhito Mori & Takayuki Suzuki (2020) Coastal impacts of super typhoon Hagibis on Greater Tokyo and Shizuoka areas, Japan, Coastal Engineering Journal, 62:2, 129-145, DOI: 10.1080/21664250.2020.1744212​.

  2. K., Nagai, T., Arikawa, K., Pakoksung, F., Imamura, M., Watanabe, P., Huang: VOLCANIC ERUPTION-INDUCED TSUNAMI AT ANAK KRAKATAU VOLCANO, SUNDA STRAIT, INDONESIA, Coastal Engineering, Published December 28, 2020. doi:https://doi.org/10.9753/icce.v36v.currents.33

  3. D., Okamoto, H., Ookubo, H., Kasahara, N., Nakamura, M., Watanabe, T., Arikawa, CALCULATION METHOD OF UPLIFT FORCES AT PIER BASED ON GAS-LIQUID PHASE FLOW MODEL, Coastal Engineering, Published December 28, 2020. doi:https://doi.org/10.9753/icce.v36v.structures.33

  4. A., Tadokoro and T., Arikawa:  EXAMINATION OF MANGROVE MODELING IN NUMERICAL CALCULATION, Coastal Engineering, Published December 28, 2020. doi:https://doi.org/10.9753/icce.v36v.management.35

  5. N., Kihara, T., Arikawa, M., Watanabe, H., Kaida, F., Murase, K., Kise, K., Nagai, T., Miyauchi: PHYSICAL MODEL OF TSUNAMI-LOADS ON A SEASIDE BUILDING ARRAY, Coastal Engineering, Published December 28, 2020. doi: https://doi.org/10.9753/icce.v36v.currents.2

  6. R., Okajima and T., Arikawa: VERIFICATION OF MULTI DIRECTIONAL WAVE GENERATION BASED ON THREE-DIMENSIONAL NUMERICAL, Coastal Engineering, Published December 28, 2020. doi: https://doi.org/10.9753/icce.v36v.waves.53WAVE TANK

  7. ケーソン壁面の押し抜きせん断破壊に対する設計手法の提案および対策の検討/海岸工学論文集 (学術雑誌 、2004 ) 第51巻

  8. 消波工衝突によるケーソン壁面破壊に関する実験的研究/海岸工学論文集 (学術雑誌 、2004 ) 第51巻

  9. Numerical simulation of hydraulic overflow pressure acting on the structures behind the seawall/Coastal Structures 2003(学術雑誌 、2003 )

  10. 消波工によるケーソン壁面衝突力に関する大規模実験/海岸工学論文集 (学術雑誌 、2003 ) 第50巻

  11. コンピュータによるバーチャル水槽の実現に向けて/雑誌「作業船」 (その他 、2003 ) No.265,pp.20-25

  12. 非線形緩勾配方程式を用いた計算手法の解説と計算事例/平成14年度 ブシネスクモデルによる波浪変形計算に関する勉強会 勉強会資料 (その他 、2003 ) pp. 46-50

  13. Wave Runup Modeling Using Velocity Potential Based on Nonlinear Mild-Slope Equations/Proceedings of the 28th International Conference on Coastal Engineering 2002 (学術雑誌 、2002 ) pp. 942-954

  14. Hydrodynamic pressures by overtopping waves over seawalls with low crown height/TECHNO-OCEAN 2002 (学術雑誌 、2002 )

  15. 越波時における護岸後背地構造物に作用する流体力に関する実験的研究/海岸工学論文集 (2002) 第49巻(1),pp. 656-660

  16. 非線形緩勾配方程式を用いた屈折・回折・砕波変形モデルの開発/海岸工学論文集 (学術雑誌 、2002 ) 第49巻pp.26-30

  17. Numerical Simulation of Impulsive Breaking-Wave Pressures on a Vertical Wall based on VOF Method. /The 8th International Symposium on Flow Modeling and Trubulence Measurements tobe published, 2001

  18. A Wave Breaking Model Based on Nonlinear Mild-Slope Equations/Proceedings of the 4th International Conference on Hydrodynamics,1AHR, P.551-556, 2001

  19. PIV解析を用いた現地海浜流の計測システムの開発/海岸工学論文集 第48巻、土木学会、P101-105, 2001

  20. VOF法を用いた衝撃砕波圧の計算と適用性/海岸工学論文集 第48巻、土木学会、P.831-835, 2001

  21. 非線形緩勾配方程式に基づく屈折・回折・砕波変形モデルの開発/東京大学 学位論文、2000, P.115.