港

ヨット実習

1.プロジェクトメンバー

​指導船長、修士2年、修士1年、学部4年でチームを結成します。偉大な指導船長の皆様をはじめ、先輩方からプロジェクトマネージャーとしての技能など社会人に必要な力を学生時代から体験できます。

IMG_7153_edited.jpg

3.概念図(予定航路)

海上には、道路はありません。前もって航路を決めます。

灯台

​5.タイムライン

当日の記録を、タイムライン上に記録します。実習記録をまとめ、次回の班へ引き継ぐことは、チームの成長には欠かせません。社会にでても重要なことです。

弾丸ジャーナル

2.天気図予測

ヨットの原動力は風です。私たちは天気図から風を予測する術を習得します。

2016-02-19-7.jpg

4.フローチャート

海上は常に、命の危険と隣り合わせです。万全な安全対策があれば楽しんでヨット実習を行えます。大事なのは、ヨット上で選択を迷わないことです。刻一刻と変わる気象・海象条件に対してはフローチャートを用いて予め判断基準を数値的に定めることで、円滑な判断を可能にしています。

株式市場チャート

​6.実習コメント(申し送り事項)

安全・安心なヨット実習のためには次回の実習班への情報伝達が必要不可欠です。エンジントラブルや事故を未然に防ぐため、維持管理を徹底しています。実習後に取った写真をSNSに公開しています。

日々のヨット実習に関する情報は、Facebookにて報告しています。是非チェックしましょう!!

iOS の画像.jpg
セーリング
  • Facebookの社会的なアイコン